俳画 師走

この時季 芯が細く甘みの増した いい葱が手に入るようになってきた 蕎麦屋にとって 切っても切れない食材の葱 南蛮系の焼き葱や 葱の天婦羅などなど 蕎麦屋によって葱の使い道は様々であるが どの店でも薬味に葱は欠かせない テーマは”葱” 薬味の葱切りに蕎麦屋ならではの拘りがあることをご存知でしょうか いわゆる「真空切り」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳画 霜月

この時季 牡蠣、ニシンなどの豊富な季節メニューと新蕎麦に誘われてか ご家族一同でご来店いただくことがあります 大人数ですと、ご提供に時間が掛かってしまうこともありますが お爺ちゃんとお孫さんが仲良く美味しそうに蕎麦を手繰る姿をみると 蕎麦屋冥利につきます テーマは”七五三” こんな微笑ましい光景に出合えることも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳画 神無月

この時季 北海道産がメインですが新蕎麦が出始めました 当店の蕎麦は県内産の常陸秋蕎麦ですので新蕎麦が出回るのは 11月頃となります 最近は青みの強い蕎麦を優先して早刈りする傾向があるようですが 冷え込みが厳しくなり、朝霜が数回降りてから収穫される蕎麦が 最も美味しいと言われています そうそれは 郊外の某名店蕎麦屋の土壁に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳画 長月

今月のテーマは昨年と同様「彼岸花」 身内の不幸などでバタバタしてしまい、 今月は昨年と同じ俳画とさせていただきます。 以下、同文 この時季 そば畑は白い花もちらほら見られるようになってきた 9月中旬には赤い花をつける彼岸花 田畑の畔に多く見受けられるのはその有毒性を利用し 害虫動物除けとして人為的に植えられたと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お知らせ

身内に不幸があり、本日(9/9)まで臨時休業とさせていただきました。 この間、ご来店いただいた方には申し訳ありませんでした。 明日(9/10)より通常営業とさせていただきます。 引き続きよろしくお願いします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳画 葉月

蕎麦に汁を半分程つけて空気とともに”ズズッ”とすする 「蕎麦っ食い」はこの食し方をいつしか手繰る(たぐる)と言うようになりました 世界的には批判と抵抗の多いこの食し方ですが、 蕎麦と汁の風味を存分に味わう最良の方法だと思います 夏の真っ盛り 入道雲が立ち上る昼下がり 一仕事終え 汗拭い 黙々と手繰る「ざる蕎麦」・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳画 文月

店の入口のビオトープ(睡蓮鉢) 今年は春先にカラスの襲撃に遭い メダカも水草も壊滅状態に・・・  あきらめて店舗脇に放置していたら なんとメダカの赤ちゃんが 新たに誕生した赤ちゃんのためにもビオトープを再生しました       テーマはルリイトト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳画 水無月

割粉(小麦粉)2割と蕎麦粉8割で打ち上げる二八そば 湿度が高いこの時季 加水率や練りかげんにより 出来上がりの食感は大分違うものになってしまいます 細打ちでもしっかりとしたコシと香り、一本一本が 生きてるような喉越し抜群の二八そば 目指すは「清々しい二八そば」です テーマはテッセン 蔓が鉄線のように細くて強靭なこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳画 皐月

この時季 足利フラワーパークからの帰り道  当店にお立ち寄りいただくお客様が見受けられる お目当ては600畳敷の大藤棚だ この世のものとは思えない程の息をのむ美しさだそうです テーマは藤 運転手の了解が得られれば蕎麦前(お酒)を一杯 いかがでしょうか 今月は皐月・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳画 卯月

桜の便りもあっちこっちで・・・春爛漫です! テーマは”桜” 路地裏横丁の桜老木 今年も満開 散りはじめ 足早に歩く一人の男 花びら一枚ひらりと肩に そのまま気づかず暖簾をくぐる    こんな情景には蕎麦屋がうってつけだ いい季節がやってきました 今月は卯月・・・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

俳画 弥生

寒暖の差はまだ激しいですが、徐々に春めいた日が増えてきました。 蕎麦打ちも、加える水の量が増加から減少に転じて、季節の変わり目を感じます。 この時季 出会いと別れの季節でもあります。 テーマは”ひな祭り” 今年も娘のひな人形をお店のピアノの上に飾りました。 私事で恐縮ですが、お陰様で次女の大学進学が決まりました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

貸切営業のお知らせ

2月26日 (水) 13時~15時30分 貸切営業となります。 お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳画 如月

秋に収穫された新蕎麦は、年を越して厳寒期に熟成すると そば特有の甘みを増し、最も美味しくなるといわれています。 実際に賄いで蕎麦を食べますが、香り甘みのバランスが とても良く、その美味しさに思わず舌鼓を打ってしまいます。 しかし残念なことにこの時季、お店が静かな日が多くなります。 厳寒期の冷たい蕎麦は敬遠されがちになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年&俳画 睦月

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。 本年も変わらぬご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。 お蔭様で蕎麦屋の一大イベント「年越そば」が無事終了しました。 お持ち帰りの蕎麦打ちで肘が限界に達していましたが、更に肘に負担がかかる 蕎麦茹での仕事も何とか乗り切りホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳画 師走

早いものでもうこの時季 「今月はお蕎麦屋さんは忙しいね!」とよく言われるが 忙しいのは大晦日だけ それ以外は静かな日が多い 特にクリスマス前後は・・・ 蕎麦屋の一大イベント”年越しそば” 今年の総決算はどうなることやら・・・ テーマは”サザンカ” 蕎麦屋の一大イベントに花を添えてくれようとしているのか 咲かずに待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳画 霜月

この時季 当店では季節メニューが豊富になります 牡蠣のオリーブオイル漬けと牡蠣蕎麦からスタートし ゆり根の天ぷら にしん棒煮、にしん蕎麦と続きます 更にコース料理では「鴨鍋コース」が加わりました そしていよいよ新蕎麦です ”常陸秋蕎麦”の新蕎麦を打ち始めます! テーマは”柚子” 良い柚子が店頭に並び始めたら、柚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳画 神無月

皐月から始まった俳画 いままでは全て蕎麦に関連した句を 考えてきたが・・・今月のテーマはあけび 蕎麦に関連した良い句がどうしても思いつかない つるを手繰り寄せて採るあけび つるっと手繰る蕎麦 オジサンのだじゃれパターンの句でお茶を濁そうとしたが 妻の評判が悪く、蕎麦に関連した句は断念 テーマは”あけび” 野山…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

俳画 長月

この時季 そば畑は白い花もちらほら見られるようになってきた 9月中旬には赤い花をつける彼岸花 田畑の畔に多く見受けられるのはその有毒性を利用し 害虫動物除けとして人為的に植えられたとか・・・ テーマは”彼岸花” 11月の収穫まで大きな被害もなく豊作を祈るばかりである 今月は長月・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more