テーマ:友人

かつお節と薔薇の花

ここ数年来通っていただいている常連のお客様 一番の趣味は薔薇の栽培とのこと・・・ ちょうど一年くらい前でしょうか・・お客様から 「迷惑じゃなかったら、かつお節のだしがらを譲っていただけないかしら?」 との打診がありました。 当店のかつお節は本枯れ二年物のこだわりのかつお節 だしがらとはいえ、廃棄するときはいつも「何かに使…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

復活 桃色庵!!

今年もご来店いただきましたサラリーマン時代の仲間達! 遠く岩手県一関市から泊まりがけのご来店です。 嬉しいことに今年で4年目になります。 (昨年と一昨年はブログで紹介させていただいております) 十数年前 彼らとの楽しい思い出の一つに山形の名峰 鳥海山冒険?旅行があります。実を言うとこの時の経験が蕎麦屋に なるきっかけにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”元部下”様ファミリーご来店

”元部下”様ファミリーに一昨日ご来店いただいた。 私と”元部下”様とはお互いがサラリーマン時代に実際の上司と部下の 間柄だった。 今さら上司も部下も無いのだが、彼が私のブログにコメントするときの ハンドルネームが”元部下”なので、別に偉ぶるつもりはないのだけれど ”元部下”様と呼ばせてもらいます。 ”元部下”様と私はほぼ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

5年ぶりのフィッシングー

サラリーマン時代の趣味の一つは釣りであった。 ヘラブナ釣り、マス釣り、黒鯛釣りなどなど 釣果は今一だがそれはそれは楽しかった。 蕎麦屋開業後は定休日もちょっとした野暮用があり なかなか釣りには行けないでいたが・・・ 先週は月1回の2連休 友人且つ常連様のお誘いがあり、お言葉に甘えて 連れて行ってもらいました! 何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プチ同窓会

こういう商売をしていると土日開催のイベント等にはなかなか出られない。 土日稼ぎ時のこの商売 休んでまでの参加はどうしても躊躇ってしまう。 一昨年、大学時代の同窓会が伊香保で開催された。二十数年振りの クラスメートとの再会・・・行きたかったなぁ~ 参加できない同窓生を不憫に思ったのか・・・先週末の土曜日クラスメートの 有…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

感謝!恒例「悠庵ツアー」

10月「体育の日」前の日曜日 今年もサラリーマン時代の仲間達が泊りがけで 遠路はるばるご来店いただいた。 今回は岩手県一関市の出向先の仲間達に加えて 千葉県我孫子市の元所属先の仲間達も参加 総勢13名 なんとも嬉しいのは今年で3年間続けてご来店いただけたことです!! 全般に厳しい状況は続きますが、蕎麦屋を始めて良かっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

祝 開店! 桜-SAKURA-

もう間もなく長野にも桜開花宣言が出されるであろうこの時期 長野県長野市に友人のお店”桜-SAKURA-”が開店しました。 店主とは同じ釜の飯を食べたといいますか・・築地そばアカデミー のアシスタント同士という間柄です。  およそ1年半前の話になりますが、当店がドリームショップという TV番組で紹介され、その直後にお客様…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

うれしい狸様

3連休初日の土曜日 ちょっと遅い昼下がり 大学の同級生S氏にお立ち寄りいただいた。 都内から実家のある宇都宮へお彼岸帰郷の途中とのこと。 注文の品”海老天おろし”をお待ちいただく間に一旦外に 出ると何か重そうな物を抱えて入ってきた。 その重そうな物をドスンとカウンターに置くと・・・ 「これ貰って!」と一言。 そこにはつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

嬉しいお客様

サラリーマン時代、家族共々およそ6年間岩手県一関市に 出向していたことがある。 この時が23年間のサラリーマン生活で一番のいい思い出と なっている。一生懸命働き、一生懸命遊んだ。 思い出作りの主役・・・素敵で愉快な仲間達 昨日泊りがけで遠路はるばるご来店いただいた7人の侍 本当嬉しいお客様   これからも末永くよろしくお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

立会川 吉田家

本日の定休日 お得意様であり友人でもあるN氏に 立会川 吉田家に連れて行ってもらった。 彼は以前、吉田家の近所に住んでいたことがあり 何度か足を運んだそうだ。 吉田家は先日TVで紹介されたが、何と年商1億8千万円 来客数もさることながら客単価も半端じゃない。 あまりに規模が違いすぎるが何か得ることがあればと 「佐野か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more